TOP ABOUT PRODUCT SUPPORT SHOP
 PRODUCT >> 2019年
OUTLINE
タイトル  瞳の烙淫2〜絶対不可避の審美眼〜 廉価版
ジャンル  ヒロイン達を追い詰め辱め陥落する能力アドベンチャー
発売日  2019年 10月 24日
価格  2,800円(税抜)
音声  女性キャラフルボイス
対応機種  DVDビデオが再生可能な機種
JANコード  4562127506682
品番  NPG-327
Copyright  ©Witch Flame/N43Project
STORY

自宅よりほど近い学園に通う文武両道な主人公・義国晃一(よしくに こういち)。
元々努力がそのまま成果に繋がる才能にあふれた人間だったが、ある日、
“望んだ結果を達成できる道筋が見える能力” に突如目覚めたことで、より周りの人間が羨むほどになっていく。
“テストで100点が取りたい” “お金が欲しい” と思えば、いくつものそれに至る選択肢が頭の中に浮かび、それに従っていくと必ず達成される。
簡単、複雑、安全、危険…… どの道筋を選ぶか。
やがて限界の見えない力のもっと先を知りたいと渇望する晃一は、依存しすぎるのは危険だと感じながらも、少しずつ自分を見失い始めていく。
表向きは今までどおりに、しかし財欲などの欲望を満たしていく晃一。
そうして当然のように、「次は……女だな」
さすがに身近な女に手を出すのはリスクがあるかもしれない。 絶対的な力を持ちつつも、慎重かつ大胆に事を進めていく。あっけなく一人目の女を堕とすと、もう一つの欲望が目覚めていく。
野ノ峰扇華 (ののみね せんか)。
学園の完全無欠な学生会長にして、唯一、晃一と対等以上に渡り合える女。
こいつを思うがままに貪ってやりたい、以前からそう思っていた晃一。 能力を使い、どうすれば “野ノ峰扇華” を堕とせるか確認する。
現れた選択肢の中には最短で堕とせるものもあれば、回りくどいものもあった。
最短ルートでいけば全ては容易いが、しかし最後がそれでは面白くないし、能力の限界を知るには物足りない。そして選んだのは、扇華と直接接点のない女たちから堕としていくルート。
外堀を埋めるように扇華へ近づき、有利な状況を作り出したうえで壊してやる。
その後は自分の女にしてもいいし、性欲処理にだけ使ってもいい。
「俺には全てが見えるのだから……」
身を焦がす欲望を満たした後に残るのは、望んだ未来か、それとも――

Sample CG


▲ページの先頭へ