TOP ABOUT PRODUCT SUPPORT SHOP
 PRODUCT >> 2020年
OUTLINE
タイトル  恋するサイエンス+天使DEアクマ(廉価版)
ジャンル  アドベンチャー
発売日  2020年 7月 23日
価格  3,800円(税抜)
音声  女性キャラフルボイス
対応機種  DVDビデオが再生可能な機種
JANコード  4562127508020
品番  NPG-361
Copyright  ©コンプリーツ/CrossTalk/N43project
STORY

恋するサイエンス
とある学校に入学した主人公の[小泉洋]は、何とも頼りなさげな男の子。春、部活の勧誘に沸き立つ校庭で、先輩の女の子[佐倉さくら]に一目惚れする。そんな彼女が配っていたチラシには『科学部』という文字が‥‥。 そして放課後、さっそく洋は科学部へ。ところが、ツルペタでおチビで性悪でマッドサイエンティストな眼鏡ッ娘で、加えて関西弁の科学部部長[吉崎桃子]の策略で、半○制的に入部させられ、部員兼モルモットな日々を送るハメになってしまった。
思えば他の部と違い、部室がなぜか校舎のハズレにあるのが、なにかしらの如何わしさを醸し出していたのだが‥‥。
ともあれ、格好の部員を手に入れて、日夜、古文書片手に怪しい薬を試す桃子。その古文書とは、学校の敷地にある祠に眠っていた「秘伝男女交合術」というモノで、なんで学校にあるかという疑問はさておき、どうやら恋愛成就(?)の極意や処方が書かれているらしい。洋としては、さくらと一緒にいられるということで、嬉しいと言えば嬉しいのだが、もちろんと言うか、実験は失敗の連続で増える犠牲者(エロ方向で‥‥)。洋も恥ずかしいやら気持ち良いやら痛い(?)やら、
散々な目に遭ってしまう。そうまでして、桃子は誰と結ばれるつもりなのか? 彼女の意中の彼とは さらに、陸上部のエース・弥生や、レズ娘・あゆむが登場し、科学部の周りは賑やかだけど大変な状況に‥‥。そんな中、科学部の前に、[夏目雅子]を頂点とした『図書委員会』が現れ、執拗なまでに桃子の持つ古文書を狙いはじめる。「学校にある本は全て我々の物」とやらのスローガンがあるそうだが、その真意とは?そして、図書委員会vs科学部の、闘争の去就はいかに?!

天使DEアクマ
僕は予備校生。お隣に住んでいるマキちゃんは、僕の住んでいるアパートの持ち主…大家の娘。…ていうか、あたりの土地を持っている地主の娘。お金持ちの家に生まれたせいかまぁ、我が儘なことと言ったら…。 僕が勉強していると、いつも遊びに(邪魔しに?)やってくる。彼女の父親は厳しい人なんだけど、彼女が僕のことをどう言っているか、えらく覚えがめでたい。まぁ、それもプレッシャーなんだけど…ね。
「マキちゃんさ、僕じゃなくて、T大生とかに教えてもらえば?」「なんで?」「だって…現役の方がアタマいいんじゃない?」「大学生なんて、入試しか勉強しないからダメよ」「予備校生の方が、よっぽど勉強してるって!」ニコニコしながら、肩をバンバン叩かれる…励ましているのやら、イヤミ言われているのやら。しばらくして、マキちゃんが僕の顔をじっと覗きこんできた。「…なに?」「何か気づかない?」「何って……?」僕がそう言うと、マキちゃんが不満げに唇を尖らせる。「んもう、お部屋、キレイになってるでしょ?」「えっ…そういえば……」「お掃除してあげたんだよ」 と、得意げなマキちゃん。掃除って……。「えっ?い、いつ?」「今日」

Sample CG


▲ページの先頭へ