TOP ABOUT PRODUCT SUPPORT SHOP
 PRODUCT >> 2020年
OUTLINE
タイトル  湯の村はーれむ (廉価版)
ジャンル  のんびりとした山間の片田舎でイチャイチャ子作りスローライフアドベンチャー
発売日  2020年 8月 27日
価格  2,800円(税抜)
音声  女性キャラのみフルボイス
対応機種  DVDビデオが再生可能な機種
JANコード  4562127508075
品番  NPG-366
Copyright  ©オーバードーズ/N43project
STORY

姉(従姉)である『犬養 知実(いぬかい ともみ)』の研究を手伝わされ、
日々翻弄されている主人公『犬養 雅彦(いぬかい まさひこ)』。
ある日、知実の研究室に顔出すと、
そこには血相を変えて慌てふためいている知実の姿が。
なんとか落ち着かせて話を聞いてみると、
研究資金を得ている国の少子化対策事業団体から、
後一年程度で何らかの研究成果が出せない場合は、
資金提供の打ち切り、場合によってはこれまで提供した資金の返還を求める
という通知が来たという事だった。
マイペース過ぎる知実の自業自得とは思いつつも、
見捨てる事は出来ない主人公は、成果を出す当てはあるのかと知実に尋ね、
出来る事は何でも手伝うからと励ます。
すると知実は、散らかりまくっている机の上から、
資料の束を引っぱり出す。
それは、かつて子供が生まれず滅びかかった所を神から授けられた泉、
温泉の力で救われたという伝説の残る村についての資料であった。
確かに二十年ほど前までは、
その村にある温泉は子宝の湯として持てはやされていたが、
今ではすっかりその効能が失われてしまっているらしい。
眉唾ものの話ではと疑う主人公に、
過去には効能の確かさが認められていた資料が数多く残されており、
不況などの影響で子宝の湯に頼る人が減ってしまった事もあって、
誰も効能が失われた事について調査しなかったという点を指摘して、
調べて見る価値はあると主張する知実。
どちらかというと、起死回生の逆転ホームラン狙いなんだろうなと、
知実の考えを読んだ主人公は、溜息をつきつつも、
現地で調査を行う為の手配を始めるのだった。

Sample CG


▲ページの先頭へ